FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

師走

早いもので2学期も終盤となり、学期末の定期考査が始まりました。今年もいよいよ師走の時期です。

3年生にとっては今回が実質最後の定期考査となりますが、大学の一般入試は1月のセンター試験を皮切りに、これから本格的な受験シーズンを迎えます。これから受験を控えている生徒にとってはここからが最後の追い込みとなる、大切な時期となってきます。毎年この時期になると、風邪やインフルエンザなどが流行し始め、体調管理も大きなポイントになってくるところですが、日頃の学習の成果が100%出し切れるように、しっかり自己管理をして万全の態勢で試験に臨んでほしいところです。

2年生にとっては卒業後の志望校・志望学科を最終決定する時期になってきました。今の高校2年生が大学を卒業し、社会人となるのは5年以上も先となります。その時に世の中ではどのような変化が生じているのか?AIの普及やIT技術の更なる進歩により、ここ数年で産業構造や仕事の内容が劇的に変わることが予想されています。様々な未来予想図をイメージしながら自分の個性や長所をじっくり考え、それを生かせる分野、興味を持ち続けられる分野に進んでほしいと思っています。

1年生はまだまだ卒業後の進路については、漠然としている生徒が多いかもしれません。2年生からのクラス分け・類型選択をきっかけに進路先を考え始めた生徒も多いと思いますが、教育界で大きな話題となっている新しい大学入試制度が適用される、最初の学年となります。従来のような、学科試験の結果や小論文の評価だけではなく、高校3年間でどのような学習活動や自主的な研究活動をしてきたかが大きな評価対象となってきます。普段の授業を通して、様々な分野に対する問題意識や課題を見つけ、その課題をどこまで深く追究するか、主体的に学ぼうとする姿勢が大切となってきます。

高校3年間は長いようであっという間です。年の瀬を迎えるにあたり、今年の1月1日の自分と現在の自分とを比べて、人として何が変わって、どう成長したのか?自分では何も変化がないと思っていても、あらためて自分をしっかり見つめ直せば気づかないうちにいろいろな部分で成長しているはずです。そして更に自分を成長させるために、小さなことでも構わないので、来年に向けて何か1つでもいいので、自分を高められるような目標を立ててほしいと願っています。

・1年間で50冊の本を読む…
・ボランティア活動や地域の活動に参加する…
・将来に役立つ、資格や検定取得を目指す…
・東京オリンピックに向けてその準備活動に参加する…
・環境問題や地球温暖化についてとことん追究してみる…などなど


 「1年の計は元旦にあり」

日出
スポンサーサイト

1学年合唱祭

 11月14日(水)の午後より,1年生による合唱祭がJR大井町駅前にある区民会館「きゅりあん」小ホールにて開催されました。

 本校では毎年1年生の学年行事として合唱祭が行われており、クラスごとに共通課題曲1曲、選択曲1曲の2曲を練習し、その成果を披露します。練習期間が1ヶ月ほどしかない中,生徒たちは音楽の授業の時間だけでは満足することなく,合唱祭実行委員の生徒を中心に,自主練習の計画を立て、早朝や放課後を利用して毎日のように練習を積み重ねていました。歌の苦手な生徒を全体でバックアップすることで,クラス全体の士気を高め、一人ひとりの歌唱力の強化に努めたり、さらに各クラスで競い合うことで,クラスの一体感を強めると共に,どのクラスも見る見るうちにレベルがアップしていく様子がわかりました。その結果,当日はどのクラスも審査員泣かせの感動的な歌声で、素晴らしい合唱祭となりました。また合唱の技量だけではなく,他のクラスの発表を聞く態度も非常に行儀が良く,仲間の発表を真剣に聞こうとする姿が印象的な本年の合唱祭でした。
 
 審査結果は接戦ではあったものの,優勝は1年M組,準優勝1年B組という結果となり、無事閉幕しました。

 平日のお忙しい中,当日は100名を超える保護者の方々にお越し頂き,誠にありがとうございました。観覧席の用意が少なく、ご不便をおかけ致しましたが,みなさまの温かいご声援のもと、無事に終えることができました。

 今後の学校生活でもこの経験を活かし,クラス全体でお互いを支え合い、高め合っていけるよう頑張ってほしいと願っています。

【合唱祭2018】

共通課題曲: 「Gifts」

選択曲:
1 1年B組  「花になれ」
2 1年D組  「友~旅立ちの時~」
3 1年I組  「Seasons of Love」
4 1年A組  「ガーネット」
5 1年C組  「あなたへ~旅立ちに寄せるメッセージ~」
6 1年M組  「いのちの名前」
7 1年S組  「証」
8 1年N組  「虹」


合唱祭2018A
合唱祭2018②

それぞれの秋

早いもので今年も師走の時期が目の前に迫ってきており、2学期も残すところ1ヶ月となりました。

1年生は文化祭が終わった後、今月開催された合唱祭に向けてクラスごとに歌の練習が続き、校内から綺麗な歌声が聞こえてくる日々でしたが、一般コースの生徒たちにとっては来年度のクラス選択を決める時期でもありました。そのためにはある程度、卒業後の大まかな進路の方向性を決める必要があり、クラス選択に悩む生徒も少なくありません。自分は将来どのような道を歩むべきなのか?今すぐに決まるわけではありませんが、ここで自分の将来について真剣に考えるかどうかは後々大きな差になって表れてきます。自分の進路をしっかり考えている生徒は1年生の夏休みに大学のオープンキャンパス等に参加し、すでに志望大学や学部を固めている生徒も少なくありません。志望校を早く決めればそれに向けての受験対策も早くアクションを起こすことができ、余裕をもって準備ができます。まずは自分の個性や関心をどのように開花させるか、10年後の自分を描くことが大切になってきます。

2年生は修学旅行が無事終わり、本格的な進路指導の時期となってきました。一般受験を目指す生徒は、かなり前から放課後の現役大学生による個別受験指導や土曜学習等で学力をつけてきていますが、学年全体としてこれから面接指導や小論文指導など、手厚い進路指導が続きます。ここ数年、大学側の合格定員数厳守の傾向が強まり、難易度が上がっている大学が多い中、受験のプレッシャーをはねのけて、最後まで諦めずに志望校合格を勝ち取って欲しいところです。

3年生は推薦入試本番の真っ盛りで、大学合格の知らせが毎日のように職員室に届いています。担任をはじめ、個別に受験指導をしてきた教員たちの喜ぶ姿が目立ち、職員室もこの時期は活気があります。その一方で、センター試験や一般入試受験生徒は友人たちが次々と進路先を決定していく中で、来年の受験日当日まで黙々と学習を続けていきます。そのような生徒に対しては、教員はもちろんのこと、周りの友人たちの励ましも大きな力になってきます。希望進路決定のためには悩みを聞いてくれたり、苦楽を共にしてくれる友人たちや教員の精神的な支えはとても重要であり、その点、女子校ならではのアットホームな雰囲気は生徒たちとっては心休まる居場所となっていることでしょう。チームの力は個の力を何倍も高めてくれる魔法の力です。

今年度の3年生も、それぞれが希望する進路先に全員が進めることを心より願っています。

修学旅行に向けて

2学年が修学旅行を来週に控え、生徒たちも徐々にテンションが上がってきている様子である。

本校の修学旅行はコースによって訪問地が異なり、今年度は国際キャリア・マルチメディア表現コースはイギリス・ロンドン4泊6日、一般コースは沖縄を3泊4日で訪問する予定となっている。国際キャリアコースは現地ウィンブルドン地区で2泊のホームステイ、一般コースも北中城で2泊が民家宿泊となっており、地元の方々との交流や文化体験を重視した行程となっている。個人的な旅行とは異なり、修学旅行ならではの体験ができ、生徒たちにとって思い出深い時間となることが期待されている。

沖縄といえば、ここ数年大きな話題となっている普天間基地の辺野古への移設問題や、憲法改正の問題のまさに現場であり、日ごろはあまり身近に感じない社会問題を肌で感じることができる貴重な時間となる。来年には選挙権が与えられる歳となるので、民泊をする中で是非この機会に沖縄の人たちのこの問題に対する日ごろの思いや、意見に耳を傾けてもらいたいところである。

イギリスは一般的に紳士の国と言われ、安全で落ち着いた国のイメージがあるが、2年前の国民投票で決まったEU離脱まであと半年と迫った今になって、それを見直す運動が一部で高まってきており、揺れ動いている。EUを離脱後、イギリスがどこへ向かい、それがEU諸国、更に友好的な関係を築いてきた日本にどのような影響を与えるのか?その点についても是非ホームステイの際、イギリスの一般市民の考えを聞いて、国際問題に関する関心を高めてもらいたいと思っている。

なにはともあれ、一生に一度の高校修学旅行が有意義な時間となるように、それぞれが目的や問題意識をもって積極的にコミュニケーションをとり、見聞を広めてきてほしいと願うばかりである。
IMG_0019.jpg

「秋輝祭2018」

 平成最後の秋輝祭が9月29日(土)・30日(日)に行われました。
 台風24号の接近もあり、お天気が心配された今回の秋輝祭ではありましたが、運よく開催期間は天候も大きく崩れることなく、来場者数も昨年を上回る2,000名を超える方々にお越しいただきました。お忙しい中、多数のお客様にお越しいただきありがとうございました。

 今年は工事の関係でグランドの模擬店スペースが縮小されたり,また台風接近にともない2日目の終了時間を予定よりも30分早めるなど、これまで以上に全員の協力がなければ成り立たなかった行事であったと思います。そのような中で生徒たちは臨機応変に対応し、準備・片付けまでテキパキと機敏に動いている姿が印象的でした。今回のテーマ「千紫万紅」の如く,「肉巻きおにぎり」「ぷちパンケーキ」といったユニークな創作料理や各団体の展示の装飾,パフォーマンスに至るまで例年以上に工夫を凝らした個性的で多様性に富んだ内容で、お客様方にも楽しんでいただけたかと思っております。

 また今年度は新コース「ネイチャスタディーコース」がスタートした年度ということもあり,AL教室「ルミエール」にて、日ごろの授業での経験を活かしたハーブティーの提供と,ハーブソルト作りの体験を行いました。室内も自然の恵みが感じられるように緑を基調とした雰囲気の中で,観葉植物やヤモリなどネイチャらしいイメージとなるような空間に仕上げました。保護者の方々をはじめ、お客様からは,「紅茶が美味しい」「素敵なお部屋で楽しかった」など多くの嬉しいお言葉を頂きました。10月からは秋冬野菜である大根やホウレンソウなどを栽培し,校内で育てているサトイモやショウガなどの収穫も控えております。

 「ネイチャースタディコース」では今後も他校にはない、創意工夫を凝らした授業・学級活動に励んでいきたいと思っておりますので、どうぞご期待ください。

ネイチャースタディ秋輝祭
ネイチャースタディ秋輝祭

プロフィール

品川の流れ星

Author:品川の流れ星
私立女子高校、現役若手教員。
日々の出来事をお伝えします!

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。